プラネットポディウム編集部

ポディウム公式アカウントです。ヨーロッパのロードバイクシーンがナニを考え、どのように問…

プラネットポディウム編集部

ポディウム公式アカウントです。ヨーロッパのロードバイクシーンがナニを考え、どのように問題に取り組んでいるのか……をお伝えします。http://www.podium.co.jp/

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

はじめまして!

はじめまして! プラネットポディウム編集部です。 わたしたちはロードレースの盛んな欧州から、ロードバイク用のフレームやパーツ、用品などを輸入し、専門店を通じて販売している会社です。 noteに“プラネット・ポディウム”を開設したのは、ヨーロッパのメーカーの声を、ロードバイクに興味のある人たちに伝える場所が必要だと考えていたからです。 プラネット・ポディウムという名称は、月刊誌サイクルスポーツを通じて配布してきたタブロイド紙と一緒です。これまで発信できていなかった“作り手

    • 足と脚の協調性を引き出すコツについて

      バイクフィッティングシステム“idmatch”は、足のアーチを基準にサイクリング専用フットベッドを設計しました。その有用性について、開発者のひとりルカ・バルトリが、足と脚の協調性を引き出すアライメントとペダルシステムについて解説します。 フットベッドの役割Q:フットベッドが足のアーチをベースに考えている理由は? A:大前提として、足、足首、ヒザ、骨盤をつなぐ一連のチェーンがねじれなく、同一面上に並んで動くことが、バランスのとれたポジションの基本です。サイクリングであれば、

      • ワイドタイヤになって変わったこと、変わらないこと。

        ロードバイクの走行性能を決めているタイヤ。現在、もっとも進化の激しいパーツだけに、どんどん常識も書き換わっています。そこで、Hutchinsonのエンジニア、ジョエル・バレさんに最新タイヤの性能を引き出すティップスを聞いてみました。 Q:新しいタイヤを選ぶときに考えるべきことは? A:競技を目指すのか、それともレジャーを楽しむのか。あなたのサイクリングのスタイルを考えてみてください。それによって選択は変わります。高級タイヤで性能が悪いものはありません。ですが、選択が間違っ

        • Q&Aで基礎から学ぶ、ホイール選びの正解

          知っているつもりで、実は分かっていないこと。誤解されているホイールの基礎知識について、プロチーム御用達のVisonホイールの開発者が質問に答えます。 Q1:"初心者用ホイール "とは安いホイールの総称ですか? それとも、 初心者に適した性能があるのでしょうか? A:いい質問ですね。初心者用やレクリエーション用に分類されるホイールはコストが低く、部品の性能も相応のホイールのことを指します。 ライディングスキルやコスト面を考慮し、リムのハイトの低いホイールやコストが抑えられ

        • 固定された記事

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Satellite idmatch
          プラネットポディウム編集部
        • Satellite Hutchison
          プラネットポディウム編集部
        • Satellite FSA/Vision
          プラネットポディウム編集部
        • Satellite Time
          プラネットポディウム編集部
        • Satellite Selle San Marco
          プラネットポディウム編集部
        • Satellite Carrera
          プラネットポディウム編集部

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          idmatch : 足のアーチを基準に設計された自転車専用フットベッド

          バイクフィッティングシステム“idmatch”からサイクリング専用フットベッドが発表されました。トップライダーからホビーライダーまで7万人以上のサイクリストを分析、足のアーチを基準に設計された初のサイクリング専用フットベッドです。 開発の背景や魅力について、開発者のひとりルカ・バルトリ氏に語ってもらいます。 フットベッドの役割Q1.スポーツの競技によって理想のフットベッドは異なりますか? A:足は形状、構造そして機能の点からも複雑な器官です。動きと安定を生み出すと同時に

          idmatch : 足のアーチを基準に設計された自転車専用フットベッド

          TIMEの新リーダーが明かす “進化する未来とニューモデル”

          混乱の時代を越え、TIMEは新しい時代を向かえました。ファストグラベルロードのADHXに続き、フラッグシップモデルのAlpe d' Huez Disc(アルプデュエズ ディスク)をリリース。新工場の設立、未来予想図について新社長がすべてを語ります。 Q:自己紹介してください トニー・カークラン(Tony Karklins)です。53歳のサイクリストで、レーサーではありませんが自転車が大好きなエンスージャストです。年間の走行距離は2500マイル、子供の頃はツール・ド・フラン

          TIMEの新リーダーが明かす “進化する未来とニューモデル”

          開発エンジニアが語るショートフィット2.0 3Dサドル

          未来のロードバイクを創造するとき、最初に考えるべきはエアロダイナミクスでも剛性の強化でもない。快適性こそが最優先される課題だ。それは人間がエンジンとなり、操作をし続ける限り、疲労や苦痛から解放されることは速さや効率と直結するから。 ある統計によると、サイクリング中や、事後にお尻の痛みを経験したことがある人は80%にも及ぶという。すなわちトラブルを解決する一丁目1番地はサドルにある。ポジショニングなど他の要素も関連するので、画期的な製品が1つあれば解決する問題ではない。 だ

          開発エンジニアが語るショートフィット2.0 3Dサドル

          素材表示を超えるソックスの作り方

          MBウエアのティツィアーノです。前回は自己紹介をさせていただいたので、今回は製品ついて少し話をしたいと思います。 【新しいフェーズを向かえて……】 プロロード選手からのフィードバックを元に、最新の織機で作った“ファンソックス”は、発売と同時に高い評価を得ることができました。現在、より良い製品作りを目指して、会社を支えてくれる人たちとのコミュニケーションを重視しています。 例えばデザイナーは3人いますが、1人は外部スタッフです。新しい製品やコンセプトが必要になったときは、

          素材表示を超えるソックスの作り方

          プロロード選手が興して急成長を遂げる 自転車専用ソックスメーカー

          今回はポディウムで取り扱いを始めた、イタリアの自転車用ソックスメーカー“MBウェア”(エムビーウエア)の創業者の一人、ティツィアーノ・ダラントニア が自社の成り立ちについて語ります。 ティツィアーノ  高級・高性能サイクリング用ソックスと言われてもピンとこない人が多いですよね。最近でこそ、高価なソックスが増えたし、いろいろな競技用も登場していますが、ソックスの機能や性能を見極めて購入している人となると、本当に珍しいでしょう。 MBソックスはプロロード選手だった私と、チーム

          プロロード選手が興して急成長を遂げる 自転車専用ソックスメーカー

          自転車好きの子供たちにイタリアがしていること

          近年、ヨーロッパのレースシーンはR・エヴェネプールやT・ポガチャルなど若い選手の活躍が著しい。日本でも選手育成の必要性は語られているが、なかなか思うように進んでいない。 イタリアでは、どのように子供と自転車の関係性を築いているのか? カレラの社長シモーネ・ボイファーバへのミニインタビューをしてみました。 Q: 今シーズンから機材を供給し始めたチーム・ビエス・カレラについて、どのようなチームか紹介してください。 シモーネ  チームには60名のライダーがいます。内訳はコンチネ

          自転車好きの子供たちにイタリアがしていること

          標高差3275m! 世界最高難度のヒルクライムレースにペグで参戦

          世界でもっともハードなヒルクライムレースに出場する。数年前ならつまらなく、悪い冗談にしか聞こえなかっただろう。しかし、参加して、完走した。しかも2度も。 MTBのダウンヒル競技で世界を回っていた僕にとって、ロードバイクのサイクリングは平和すぎるというか、少々刺激が足りないと思ってきた。だが、ペグの卓越したハンドリングと快適性を発見してから、同じコースを走ってもオンロードサイクリングの景色が一変した。とりわけ、曲がりくねったコーナーが連続する峠道がワクワクしたものになった。

          標高差3275m! 世界最高難度のヒルクライムレースにペグで参戦

          3年振りにプロチーム“BIESSE-CARRERA”へ機材供給を再開。

          ジロ・デ・イタリアが開幕しました。コロナ禍で変則的なスケジュールが続いてきたレース界も、少しずつ日常を取り戻しつつあるようです。そしてカレラも新しい時代を迎えつつ、伝統のプロロードレースに復帰しました。今回は、自身も元プロ選手だった社長のシモーネ・ボイファーバの最新インタビューをお届けします。 ― あなたが社長になってから初めてのプロチームへの機材供給ですが、今回のチームと契約に至った経緯を教えて下さい。 シモーネ カレラは選手用機材として父が興したブランドですから、レー

          3年振りにプロチーム“BIESSE-CARRERA”へ機材供給を再開。

          パリ〜ルーベ2021覇者が教えてくれた、  プロ選手がホイールに求めること。

          ソニー・コルブレッリ選手とは 2021年、パリ~ルーベで優勝したソニー・コルブレッリのインタビューをお届けする前に、私から彼のことを簡単に紹介しましょう。彼がアルプスの山々のふもとにある小さな町に生まれたのは32年前。プロ生活を始めたのは2012年からで、それはサイクリングと自転車の大きな変革期と重なります。 彼は新しいテクノロジーとテクニックを上手に操る選手です。レースではためらいのない、目標にフォーカスする走りが特徴的ですが、同時に、準備やバイクパーツの選択段階では細

          パリ〜ルーベ2021覇者が教えてくれた、  プロ選手がホイールに求めること。

          Phibra Discと、未来のCARRERA

          春にお知らせしていたフィブラ ディスクが入荷しました。予定していたよりもスケジュールは遅れましたが、シモーネ・ボイファーバの自信作です。このニューモデルにかける彼のメッセージをPlanet Podiumでご紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーー Q ついにフィブラ ディスクがリリースされました。 シモーネ 大変、遅くなってしまいました。言い訳はたくさんありますけど、すいません、その主犯は私です。コロナ渦で想像以上に需要が高まったので、今こそ安定して製品を供給するこ

          Phibra Discと、未来のCARRERA

          2022年、カレラは新Phibraでリスタートします。

          イタリアのレーシングフレームメーカーCarreraは新体制になりました。創業者のダビデ・ボイファーバから、息子のシモーネへと世代交代し、新しい社屋とスタッフでスタートを切っています。 次回、紹介するときはイタリアへ行き……と思っていたのですが、行けないまま多くの時間が過ぎてしまいました。予定していたニューモデルのリリースも遅れてしまい、ご迷惑をおかけしております。というわけで、ここしばらくニュースのなかったカレラの新社長、シモーネのミニインタビューをお届けします。 ー 今

          2022年、カレラは新Phibraでリスタートします。

          完全無欠のレーシングバイク

          チネリのアドバンテージの1つに、多様性が挙げられます。ニューヨークやサンフランシスコでは若者がシングルギアのバイクを駆り、地元ミラノや北イタリアではグランフォンドを楽しむハイアマチュアがいて、ドロミテの山塊の麓では“KING ZYDECO”でグラベルロードを楽しむ姿も見られます。また、“SUPERCORSA”や“LASER MIA”を思い浮かべるなら、あなたのようなエンスージアストな人たちもチネリのイメージを支えてくれる大切な友人です。 しかし、チネリのバイクの源流はどんな

          完全無欠のレーシングバイク